【潜入取材】 ゴディバで出逢った 3つのチョコ と 1人の女性

Pocket
LINEで送る

今回、初の潜入取材を敢行!テーマは“チョコレート”。
チョコレートの奥深さ、おいしさの秘密を知る為に、チョコレートショップ『ゴディバ』へ行ってみました!


ゴディバ』は、ベルギーで1926年に誕生した高級チョコレートショップ。日本には1972年に初上陸しました。
今回訪れたのは、2008年にオープンした『ゴディバ パサージュ青山店』。

チョコレートの種類や、ギフト商品が豊富で、さらに、この店舗ではイートインスペースがあるのも特徴。本日10月31日まで、期間限定のハロウィン商品を販売していて、オレンジ色のおばけやかぼちゃが店内を賑やかに彩っていましたよ♪

さて、店内を一通りウロウロした後に注文をしようと思い、チョコレートがズラリと並んだショーケースの前へ。

うぅ……迷う。
何を注文するか迷ってしまったら、店員さんにぜひこの魔法の言葉を使ってみて下さい。

お、おねえさんのオススメはなんですか!?

特に、“おねえさん”のフレーズがポイントです。
(注 美人だからと言って怯んではいけません

即答で返ってきたのが、『パルフェ』シリーズの“フレーズ”。おねえさんイチオシとのことでした!
今回購入したのは、この“フレーズ”(¥378)と、ゴディバといったらコレ!とオススメされた“クール”(¥294)、そして最もプレーンな“ヴォルプテ レ”(¥294)の3点。

せっかくですのでチョコレートのプロに、チョコレートの一番美味しい食べ方を教えてもらおうと思い、尋ねました。
すると、今まで笑顔が印象的だったおねえさんは突然、真剣な眼差しになり、ゆっくり、そして情熱的に、チョコレートの魅力について語り始めたのでした……。


【秘伝】 ゴディバの美人店員が伝授!チョコレートを10倍!?おいしく味わう方法!!
へ続く……。


パルフェ フレーズ (¥378)
「ストロベリーのコンフィ、ムースグレーズ、ドライストロベリーを層にしてチョコで包んだパフェ仕立てのチョコレート」

クール (¥294)
「繊細な風味のヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコレートでコーティング」

ヴォルプテ レ (¥294)
「ミルクチョコレートガナッシュがたっぷり詰まった口溶けが優しいミルクチョコレート」


Write&Photo by YOSHI


Pocket
LINEで送る

Tags: ,

2 Responses to “【潜入取材】 ゴディバで出逢った 3つのチョコ と 1人の女性”

  1. 2011年10月31日 at 11:17 PM #

    うわ~!ゴディバ大好きなんですが、高くってなかなかいけないんですよね~

    • YOSHI
      2011年11月1日 at 10:11 PM #

      高級品ですからね!ですので、ゆっくり大事に味わって食べたいものです。

コメント投稿